会計知識を身に付けて、数字を使える人材に!

研修紹介 第5回

ビズハウスが提供する企業研修の中で一番人気のテーマが、今回ご紹介する「会計研修(初級編)」です。会計初級者にも分かりやすく、丁寧に、時間をかけて理解を深める研修として、ご提供した企業からは継続的にリピートいただいています。

ビジネスパーソンにとって必要不可欠なスキルである「会計」の基礎を身に付けて、自社分析、他社分析、ならびに現場の実務でご活用いただけるよう、ご依頼いただいた企業の業種、業態、受講者の習熟度に合わせてカリキュラムを設計しています。

■ 研修紹介 ARCHIVE

ビジネスパーソン必須の会計スキルを基礎から学び、数字を使える、数字で表現できる人材に

ビジネスパーソンに求められる3大スキルは、語学、ITリテラシー、会計スキルとされています。

語学は、翻訳ソフトや同時通訳アプリの普及により、さまざまな言語でもストレスなくコミュニケーションを取ることが可能になりました。また、ITリテラシーは、若い年代ほどパソコンやスマートフォンに触れる機会が日常的にあることから、新しいITツールに対するハードルは低いのではないかと思います。

一方、会計については、業務で必要とされない限りその知識を習得する機会は無く、学ぶ意欲も生まれてこないのが実状だと思います。しかし、組織の中で上位になり、権限を持ち、部下を束ね、仕事に対する責任と重圧が増していく中において、いつまでも「感覚」で仕事を続けることはできません。

「感覚」から脱するためには、「数字」を使えるようになる必要があります。数字というビジネス社会の共通言語を駆使できるようになれば、他者への説明に説得力、納得感、客観性を持たせることができるでしょう。

■ 数字をどうする?!

  • 数字を収集する
  • 数字を整理する
  • 数字を加工する
  • 数字を分析する
  • 数字で判断する など

数字を使える人材が、会社の中で存在価値を出せるのはなぜでしょうか?

■ 数字の使い方

  • 予算を組む
  • プロジェクトの可否を判断する
  • 部下、後輩に指示を出す
  • 取引先の業況を把握する
  • 将来を設計する
  • 行動計画に落とし込む など

特に会計に関する数値、比率などを上手に活用することで、傾向、リスク、リターン、ならびに費用対効果を把握し、自身の行動が利益に繋がるかを明確にすることができます。故に、会計に関する知識を早めに習得しておく方が、「価値を出せる人材」「責任と権限を持たせられる人材」として、周囲から評価を得られる有意義な存在となるでしょう。

ここ最近の傾向として、社内の若い階層向けに会計研修を実施したい、というご相談が増えています。苦手意識を持ってしまう前に、早いタイミングで会計スキルを植え付けさせたい、という企業側の意向があるのではないかと感じています。

初級者にも分かり易く解説する、会計研修(初級編)のカリキュラムをご紹介します

ビズハウスでは、研修の目的、受講者の習熟度、会計スキルの活用方法などを踏まえて、各社に最適なカリキュラムをご提案しています。また、自社分析、他社分析、業界分析など、ご要望に応じて時事に関する知見の積み上げを、会計の視点から実施しています。

■ 会計研修(初級編) 半日コース

1.企業活動と財務諸表の関係性

  • 会社の活動、個人の行動はすべて数字に表れる
  • お金が無いと始まらない!お金の流れから、企業活動の全体像を理解する
  • ステークホルダーは何を見る?!良い会社の定義を考える

2.損益計算書の基本構造を理解する

  • 売上高、各種費用、各種利益の意味、並び方が分かれば理解は十分
  • 成長しているか、利益を確保できているか、損益計算書を分析するポイント

3.貸借対照表の基本構造を理解する

  • 運用と調達、流動と固定の定義
  • さまざまな資金調達手段
  • 調達は適正か、運用は最適か、貸借対照表を分析するポイント

4.[ケーススタディ]実際の財務諸表から企業の特徴を読み解く

  • 業界、商材、ビジネスモデルは同じでも、決算内容は大きく異なる
  • 数字から特徴を読み解き、今後の展開を予想できるか?

会計の視点で物事を考えられるように!人材の成長と育成を促す研修として、ぜひご活用ください

  • 自分の仕事は、利益に繋がっているのか?
  • 自社はどのくらいの利益を生み出す必要があるのか?

会計、財務の知識を習得するタイミングは、早ければ早いほど、その効果は顕著に表れます。数字を上手に活用することで、日々の営業活動やプレゼンテーション、社内におけるコミュニケーションにおいて、客観性、真実味、現実感を備えることができるでしょう。

人材育成の取り組みを何から始めればいいかお悩みの企業、研修担当の方へ、ぜひ本研修をご検討ください。

  

ビズハウスでは、対面型研修、オンライン型研修など、ご要望に応じて最適な研修形態をご提案、ご提供しています。

これからを担う人材の育成を、ビズハウスが全力でお手伝いします。

  

           Click here!
Please follow and like us: