改善で自社の競争力を伸ばす!

業務改善 第2回

  1. 自社の持つ競争力の根源とは
  2. 競争力の向上は、イノベーション、メンテナンスと改善の合わせ技で
  3. 日本と欧米・欧州の違い
  4. 改善の目的、意義、意味を考える
  5. 改善するテーマを見つけよう!

■ 業務改善 ARCHIVE

1.自社の持つ競争力の根源とは

  • 自社の競争力の根源とは何ですか?
  • 自社の競争力を維持するには、何が必要ですか?

改善を進める前に、自社の強み、弱みとは何かを分析する作業は必須です。その分析結果を踏まえて、強みを伸ばす改善か、弱みを補完する改善か、改善の方向性を決定することになるからです。

■ 会社、組織の力(チカラ)の種類

  • 設計力
  • 生産力
  • 技術力
  • 資金力
  • 人材力 など

さまざまな「力」の中で、自社の持つ競争力の根源とは何か、改めて考えてみましょう。

2.競争力の向上は、イノベーション、メンテナンスと改善の合わせ技で

「力」を強化する、「力」を創造する手段は、改善だけではありません。改善のほかにも、イノベーション(革新)、メンテナンス(維持)があり、業種、業界、社員の特性によって、どのアプローチが適切かを考える必要があります。

リーダーは、限りある経営資源を効率的に活用して、会社を強くしていくことが求められます。

どのような手段が最適か、どのようなテーマに取り組むべきか、周囲とコミュニケーションを取りながら、判断するようにしましょう。

3.日本と欧米・欧州の違い

会社を強くしたい、成長させたい気持ちは古今東西同じですが、日本と欧米、欧州を比較してみると、その行動アプローチは異なります。

■ 日本企業(日本人)の場合

標準、平均、枠組みを作ってそれを維持する、守る、直す、良くすることを得意としています。そのため、改善を手段として取り入れるケースが多くなっています。

■ 欧米企業(欧米人)の場合

新しいものを生み出す力に長けており、イノベーションを手段として成長、拡大を図るケースが多くなっています。ここ数年でも、テスラ、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンなど、革新的な商品、サービスが次々と出てきているのが何よりの証拠です。

ここでお伝えしたいのは、改善とイノベーション、どちらが良いか悪いかという話ではありません。国民性の違いがそのままアプローチの違いに反映されている、という事実です。

それぞれが得意とするアプローチで、十分に勝負することができます。故に、不得手なアプローチでエネルギーを浪費することが無いように、自社に合ったアプローチをぜひ見つけてください。

4.改善の目的、意義、意味を考える

  • なぜ、改善しなければいけないのか?
  • なぜ、改善に時間とエネルギーをかけて取り組む必要があるのか?

これらの理解と共有がなされなければ、目標とする効果を得ることは難しいでしょう。

改善の狙いは、仕事の価値を高めることです。

変化に対応できた、コストが削減できた、利益が出た、社員のスキルが向上した、モチベーションが向上したなどの効果は、あくまで二次的な効果です。改善を通じて「仕事の価値を高める」ことこそ、改善に取り組む真の理由ではないでしょうか

5.改善するテーマを見つけよう!

組織が大きくなればなるほど、ムダなこと、ムリなこと、ムダとムリが混在したムラなことが存在しています。誰が見ても明らかに改善が必要な事案はさておき、自分は改善が必要だと思っても、相手が必要だと思っていなければ、思うように進めることはできません。

立場、部署、仕事の内容が違えば、物事の見方も変わります。そんな時、どうすればいいのでしょうか?

■ 改善に取り組む際の準備とステップ

  • 初めは重くないテーマから取り組む
  • 徐々に質、量が伴うテーマへシフトする
  • 全体最適を基準にして、改善すべきか否かを一緒に判断する
  • 定量的に効果が測れるよう、測定方法や基準となる指標を設定する
  • 協力が得られない部署、人を積極的に巻き込む
  • 改善を評価する仕組みを整備する など

改善は会社として推奨している取り組みであること、改善効果が得られれば相応に評価することが分かれば、一致団結して取り組む姿勢は自然と醸成されます。

改善を積極的に取り組めるような環境を整備することも、とても大切な取り組みです。

     

           Click here!
           Click here!
Please follow and like us: