新入社員教育 第1回

やっと、新卒採用ができるまでになりました!

創業と同時に新卒採用を行う企業は、ほとんどありません。ある程度の規模になった段階で、組織の活性化、人員構成の是正、プロパー社員の充実など、さまざまな目的を掲げて新卒採用をスタートする企業が多いのではないでしょうか。ビズハウスは、そのような企業様、経営者様より、新入社員の教育、育成についてのご相談を多数いただいております。

新卒採用を行うには、新入社員教育もセットで考える必要があります。

これまでビズハウスが実施してきた新入社員研修、ならびに新入社員教育のセカンドオピニオンに関連する記事を、今後複数回にわたって投稿していく予定です。自社の人材育成に、ぜひご参考ください。

目次

  1. 新入社員がやってくる
  2. 学生と社会人の違い
  3. なぜ新入社員研修が必要なのか

■ 新入社員教育 ARCHIVE

1.新入社員がやってくる!

毎年4月は、学校を卒業した方々が、大きな夢と希望、期待と不安を抱えながら、新社会人としてスタートする大切な時期です。

通年採用を実施する企業が増えてきましたが、毎年この時期に新社会人を迎い入れる企業は、引き続き大多数だと思います。

2.学生と社会人の違い

学生と社会人の違い、学校と職場の違いなど、これまでの考え方、価値観とはまったく異なる社会で新しい生活がスタートする新社会人は、その変化に変化で応えなければなりません。

社会人としてのマインドセットの他にも、組織で働くために必要な知識、現場の実務で求められる技能、ビジネスパーソンとしての姿勢など、覚えることは多々あります。仕事がより複雑に、より専門的に、より短期間で結果を出さなければならない環境が続く限り、新入社員へのプレッシャーは年々大きくなっていくでしょう。

「人の成長が、会社の成長に繋がる」

その言葉の通り、新入社員を「人財」として育て上げることができるか、企業としてその手腕と本気度が問われる時代になりました。送り出す学校側も、しっかり育て上げてくれる企業に、優先して人を紹介するケースが増えてきています。

3.なぜ新入社員研修が必要なのか?

未知の社会へと踏み出した新入社員は、何をすればいいか、何をすることが正解なのか、右も左も分からない状況です。そこで、ビジネスパーソンとしてのスタンダードな「型」を新入社員研修を通じてインプットさせることで、彼ら彼女らに自信を持って行動させるきっかけをつくることができます。

例えば、電話応対の「型」を教えることにより、かかってきた電話に出る、という一つの行動ができるようになります。電話の取り次ぎなんて教えなくても当然できるだろう、と考えてしまいますが、どのような応対が正解なのか、新入社員には分かりません。

「なぜ電話に出ないんだ!」「電話の取り次ぎができていない!」などと言われた日には、間違いなく萎縮してしまい、他の仕事にも支障が出てしまいます。何も教えることなく叱ってばかりでは、失敗への恐怖が大きくなり、行動する前に躊躇してしまうでしょう。

社会人としてまだ自信のない彼ら彼女らに、いくつかの「型」をインプットして、安心感を持たせましょう。そして、その「型」を思い出しながら、一つひとつ経験を積むことが、「できる」という自信へと繋がります。

社員研修を体系立てて行っていない場合でも、新入社員研修は実施しているという企業様も多くおられます。現場に配属される前に、新入社員研修を通じて社会人としての基礎、基本を確実に習得させることは、将来の応用、発展、成長へと繋がります。

社会人としての第一歩を踏み誤らせないためにも、会社をより成長させるために必要な投資という認識で、十分な時間と費用をかけて新人教育に取り組むことをお薦めします。

■ 新入社員研修の代表的なカリキュラム

  • 学生から社会人へのマインドセット
  • マナー、ルール、エチケット、常識の理解
  • 職場におけるコミュニケーション
  • 職場における言葉遣い
  • 電話応対
  • 顧客訪問
  • 来客対応
  • ビジネス文書
  • キャリアビジョン など

   

           Click here!
           Click here!
Please follow and like us: