新入社員教育 第3回

こんにちは、ビズハウスです。新入社員 第3回 の記事をお届けします。

  • 新入社員の育成、教育、指導を突然任されて困っている…
  • 自分なりに一生懸命接しているが、それが正しく伝わっているか、とても不安…

このように、新入社員の教育は難しいと感じている教育担当の方、OJTトレーナーの方は多いのではないでしょうか?

毎年、多くの新入社員が入社する企業の場合には、入社式の後、ある程度の期間を「新入社員研修」に費やします。しかしながら、新卒採用が不定期である場合、新入社員が少数である場合には、新入社員教育にまとまった時間を取ることはありません。「現場の誰かが、その都度教えて」というように、現場任せになっているのが実態です。

  • 何を教えればいいのか?
  • 何から教えればいいのか?
  • どのくらいの期間で一人前に育てればいいのか?

新入社員の教育を現場任せにしてしまうと、当然、現場の負担は増加します。育成が円滑に進まなければ、悩む時間、対処する時間も新たに生じるでしょう。

通常業務に新入社員教育がプラスされれば、業務のスピードが落ちてしまうのは必然です。そのことで現場に切迫した空気が流れ、職場の雰囲気が悪くなってしまうかもしれません。このような状況になると、「通常業務で忙しいから、新人を配属させないでほしい」という声が現場から上がるようになってしまいます。

このような事態は、教える側、教えられる側、どちらにとっても良い状態ではありません。特に、教えられる側である新入社員は、両者の間の溝によりコミュニケーションが取れず、萎縮してしまい、早々に会社に対して嫌気が差してしまうでしょう。ゴールデンウィーク明けに新入社員の退職が多くなってしまうのは、こういった状況も一因としてあると考えられます。

会社の財産である人材を育成できない、となると、会社の将来に致命的な影響を及ぼします。そうならないように、入社直後の新入社員には何を教えればいいのかを明確にして、現場任せにならない教育メニューを設計しておくことが大切です。

目次

  1. マナー、ルール、エチケット、常識の定義
  2. 正しく、速く、美しくの順番で仕事に取り組む
  3. 職場コミュニケーションの基礎は、報告、連絡、相談
  4. PDCAで仕事の流れをつかむ

■ 新入社員教育 ARCHIVE

1.マナー、ルール、エチケット、常識の定義

マナー、ルール、エチケット、常識の言葉の定義を問われると、曖昧なまま使っているケースがいかに多いかを自覚することができます。周りから評価されるビジネスパーソンとして、状況に応じた適切な使い方ができるように促しましょう。

■ マナー

相手に敬意を表し、社会生活で気持ちよく生活するための礼儀作法、気遣い

■ ルール

集団の秩序を維持するために、必ず守らなければならない決まりごと、規則であり、守らなければ罰せられる

■ エチケット

相手を尊重し、相手基準で考えて、相手に不快な思いをさせないための礼儀作法、気遣い

■ 常識

一般的に共通とされている知識、判断の仕方

2.正しく、速く、美しくの順番で仕事に取り組む

限られた時間の中で、いかに効率よく、期待以上のアウトプットを創り出せるかどうかが、相手から評価を得るためのポイントです。要望を反映して納期に間に合うように、正しく、速く、そして美しく仕上げられるかが勝負となります。

早く終わらせることは、評価に値しません。100点満点以上のアウトプットを、期限内に出せるかが重要です。

優先順位は「正しく、速く、美しく」の順番であることを、必ず徹底しましょう。

3.職場コミュニケーションの基礎は、報告、連絡、相談

職場コミュニケーションの80%以上は、報告、連絡、相談であるとされています。よって、風通しの良い職場とは、ホウレンソウが円滑に行われている環境を表します。いつでも、どこでも、誰とでも、分け隔てなくやり取りできる組織が理想です。

新入社員は、どの仕事の重要性が高く(低く)、どの仕事の緊急性が高い(低い)かは分かりません。時に失敗したり、時にミスしてしまうの致し方ないことです。積極的に仕事に取り組む姿勢は評価しつつ、悪い報告ほど速やかに行わなければならないことの意識付けは、とても大切な取り組みです。

4.PDCAで仕事の流れをつかむ

上司、先輩から指示を受け、仕事の目的を正しく理解できた後、今まで通りの仕事の流れに従って仕事を進めさせましょう。期限までに仕事を終わらせるには、仕事の全体像を把握し、順番を考えて、計画的に行動することが必要です。

頭で分かっていることよりできることは難しく、できることより継続して続けられることはもっと難しいものです。仕事に対する積極的な姿勢を促しながら、周囲からのサポートも十分に行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私達にとっては当然のことであっても、社会の入口に立った新入社員にとっては初めて見聞きすることが大多数です。新入社員に対して、ビジネスパーソンとして最低限の知識、技能、姿勢をインプットする機会は必ず設けるようにしましょう。

  

           Click here!
           Click here!
Please follow and like us: