M&A 第1回

  1. さまざまな業種、業界でM&Aが活発に
  2. 成功率は50%?!M&Aは必ず成功する訳ではない
  3. 経営資源を大胆に投入して、最大限の効果を得る

■ M&A ARCHIVE

1.さまざまな業種、業界でM&Aが活発に

成長戦略を具体化する手段として、目標達成を実現するための手段として、M&Aは重要な選択肢の一つとなりました。

ゼロから自社で取り組むより、M&Aですでにでき上がっている会社(または、事業)を買収した方が有意義であるとの考えから、大企業に限らず、中小企業、中堅企業においても、M&Aに取り組むケースが増えてきています。

■ M&Aの目的

  • 既商品、既サービスの補完
  • バリューチェーンの拡充
  • 新しい分野への進出の足掛かり など

今現在、M&Aを検討している、M&Aを進めている企業は多いのではないでしょうか?

2.成功率は50%?!M&Aは必ず成功する訳ではない

一方で、環境や市況の変化に伴い、買収後に課題が表面化するケースが多いのも事実です。

  • 想定していた利益が得られない
  • 期待していたシナジー効果が得られない
  • 業務の重複による非効率化が顕在する など

「M&Aは成功したか、失敗したか?」の問いに対して、半分以上の企業が「想定の利益は得られなかった」と回答したデータがあります。M&Aに取り組めば必ずしもメリットばかり享受できる訳ではない、ということも、肝に銘じておく必要があります。

3.経営資源を大胆に投入して、最大限の効果を得る

攻めの経営を実現するためには、M&Aを活用して成功に導くためには何が必要なのか。原理、原則だけではなく、これまでの経験と現場に近い視点で、複数回にわたって投稿していきたいと思います。

後から後悔しないM&Aを実現するために、ぜひご参考下さい。

■ 企業研修のご相談は、ビズハウスへ

Please follow and like us: