PDCAを活用して結果を出す!

PDCAマネジメント 第1回

  1. ヌケモレ無く、確実にやりきって結果を出す
  2. PDCAが上手に回らない原因を解決することからスタート
  3. 職場、現場の不協和音を打開して、お互いに協力し合いながら成果を出すことが理想
  4. 4つのメインステップ、8つのサブステップの理解度が、PDCAの成否を分ける
  5. 理念、ビジョンを押さえて、PDCAの目的を自分の言葉で語れるように

■ PDCAマネジメント ARCHIVE

1.ヌケモレ無く、確実にやりきって結果を出す

会社、そして自分を取り巻く環境は、日々大きく変化しています。政治、経済、文化、流行、生活、食事、働き、遊びなど、その時々の状況を把握し、将来の変化を予想しながら、有意義な打ち手を考えなければなりません。

考えて結論を出すことはとても重要ですが、出てきた結論をやり切れるかどうかも、とても重要です。それらの打ち手を確実にやり切るために、さまざまな場面でPDCAが活用されています。

PDCAとは、目標に向かって計画を立てて実行し、その結果を振り返り、さらに効率的な方法を実践するためのマネジメント方法です。

言い換えれば、計画に沿って実行し、反省し、改善し、実践し続けることを一気通貫でフォローする方法です。よって、目標を計画通りに実現させたい場合には有意義に働きますが、今まで通りのルーティンワークへの活用は適していないとされています。

変化が求められている今だからこそ、PDCAをしっかりと理解して、積極的に活用していきましょう。

2. PDCAが上手に回らない原因を解決することからスタート

PDCAという言葉を耳にする機会は多く、実際に現場で取り組んだことがある方も多いと思います。

しかしながら、

  • 当初の目標を達成することができた
  • 計画通りに最後までやり遂げることができた
  • 結果を分析、反省して、PDCAの2周目に繋げることができた

というケースは少ないのではないでしょうか?

PDCAが上手に回らない原因、課題を取り除くことができなければ、いつまで経ってもPDCAを活用することはできないでしょう。

■ PDCAが上手に回らない原因

  • そもそも、計画が出来ていない
  • 業績目標を計画と考えている
  • できる目標を設定している
  • 計画が無くても、動けてしまう環境である
  • 目的を見失っている
  • 計画を作り込む時間が取れない など

経営が盤石であるほどビジネスモデルは堅固であり、失敗を恐れて新しい事案への挑戦意欲は乏しいのが実態です。しかしながら、安定した環境に甘んじてしまうと、あっという間に世間から取り残されてしまいます。

少し背伸びした目標を設定して社内に緊張感をもたらし、自らの想いを込めた計画を立案しましょう。また、安定に甘んじない意識の共有、挑戦すること、プロセスと結果を評価する仕組みを整備できれば、PDCAの準備は万端です。

3.職場、現場の不協和音を打開して、お互いに協力し合いながら成果を出すことが理想

PDCAは、一人で回すことはできません。また、PDCAを上手に回すには、職場メンバーの理解と協力を得ることが必須です。組織、現場、チームのコミュニケーションに不協和音はないか、改めて確認してみましょう。

職場の不協和音を取り除くことは、PDCAを進める上でとても大切なプロセスです。

■ 職場の不協和音に繋がる原因

  • 仕事に対する意識がバラバラであるために、意欲に差が生まれてしまう
  • 一部の人だけテンションが高く、勝手に残業して、突っ走って、疲れてしまい、周りがシラけてしまう
  • 恒常的な長時間労働、継続的に激務が続き、終わりが見えず、怠慢になってしまう
  • 承認欲求、帰属欲求が満たされず、モチベーションが回復しない
PDCAは円滑なコミュニケーションが前提!

職場の一体感を醸成するために、

  • 業務の目的を共有する
  • 仕事の終わりを提示する
  • 期待役割を明確にする
  • 指示命令系統をシンプルにする
  • 人間関係の曖昧さを無くす など

身近なことから改善を進めてみてはいかがでしょうか?

4.4つのメインステップ、8つのサブステップの理解度が、PDCAの成否を分ける

PDCAは、4つのメインステップ、8つのサブステップで成り立っています。各ステップの定義、ポイントを理解して回せるかどうかが、PDCAの成否を分けると言っても過言ではありません。

■ 4つのメインステップ

メインステップは、次の段階に進んだら戻れない不可逆な関係になっています。

  • PLAN 計画
  • DO 実行
  • CHECK 評価
  • ACTION 改善

■ 8つのサブステップ

各メインステップを構成する、2つの要素のことをいいます。納得するまで繰り返し戻ることが可能な、可逆な関係になっています。サブステップはこのような建て付けであるため、十分に納得してから次のメインステップへ進むようにしましょう。

  • PLAN 目標設定、計画立案で構成される
  • DO 準備、実行で構成される
  • CHECK 結果分析、真因把握で構成される
  • ACTION 処置是正、確認で構成される

5.理念、ビジョンを押さえて、PDCAの目的を自分の言葉で語れるように

創業者の想い、経営者のビジョンを理解する!

会社、経営者はどこを目指して、何をどのように展開して、何を成し遂げようとしているのか、会社の目的や存在意義を理解しておかなければ、これから実施するPDCAが正しい方向を向いているのか分かりません。創業者、そして現在の経営者の想いを知ることは、仕事を進めていく上で大切なことです。

何を実現したいのか、将来どうなっていたいのか、そういった想いを言葉で表現したものが、理念、ビジョン、社訓、社是です。

シンプル且つ分かりやすい言葉でまとめられたこれらのメッセージは、必ず社内外に発信していると思います。PDCAを方向付ける重要な軸でもありますので、必ず押さえておきましょう。

   

           Click here!
           Click here!

Please follow and like us: