厳しい環境でも勝ち抜く経営を!

経営分析 第1回

  1. 理念、ビジョン、方針、戦略、戦術が明確でなければ生き残れない
  2. 世の中の変化を捉えているか?社会のトレンドに対応できているか?
  3. 外部環境、内部環境の順番で現状を把握する
  4. 企業活動の基点は理念であり、理念に則り未来の施策を立案する
  5. フレームワークを駆使して、現在の立ち位置を明確に

■ 経営分析 ARCHIVE

1.理念、ビジョン、方針、戦略、戦術が明確になければ生き残れない

2019年現在、日本国内の企業数は約380万社、うち株式会社の数は約210万社あり、中小企業は全体の9割強となっています。これだけ多くの企業が環境の変化に対応し、厳しい競争を勝ち残るべく、日々切磋琢磨しています。

一方で、赤字の継続、資金繰りの失敗、経営者の健康問題、従業員の高齢化、新規採用の失敗などを理由に倒産、休廃業、解散を選択せざるを得ない企業もあり、ここ数年の日本国内の企業・会社数は減少傾向にあります。人口減少による市場の縮小はどの業界にも該当する状況で、どうしたら勝ち残れるのか、生き残れるのかを考えることは、喫緊の課題です。

これまで幸運にも生き残ってきた企業も、今後10年、20年と生き残ることができるかどうかは、誰にも分かりません。

現在勝ち組に位置する会社も、技術革新、税制改正、法律・条例の改正により一気に形勢が逆転してしまう可能性もあります。生き残り続けるのは難しい、勝ち残り続けるのはもっと難しいことを前提に、どうしたら負けないかを考えなければなりません。

考えるのは企業、会社に在籍する自分達です。現状を正確に把握することからスタートしましょう。そして、現状を踏まえて、理念、ビジョンを具体化させるための戦略、戦術、施策に落とし込んでいきましょう。

2.世の中の変化を捉えているか?社会のトレンドに対応できているか?

会社の周り、自分の周りは日々大きく変化しています。経済、政治、環境、文化、習慣、暮らし、食、衣服、働き方など、外部環境をしっかりと把握できているか、把握する手段を持っているかは大切なポイントです。

チャールズ・ダーウィン

もっとも強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが生き残るのでもない。唯一生き残るのは変化するものである。

企業、会社の成長、成功、そして自身の成長、成功も、外部環境の変化にどれだけ適応できるかが重要です。ゆえに、変化をキャッチするアンテナの数、変化を変化と感じ取る意識、変化を自社、そして自身の変化に繋げるスキルが求められます。

顧客が求める価値を創り続けなければ、長く生き残ることはできません。

3.外部環境、内部環境の順番で現状を把握する

環境の変化は有利か不利か、それとも…

企業それぞれ、人それぞれ、取り巻く環境は異なります。

[外部環境の変化]

  • 技術革新の加速
  • グローバル化の進展
  • 異業種の参入
  • 資金調達方法の多様化
  • AI・IOTの発達
  • 消費税増税
  • 多国間貿易協定の締結 など

外部環境の変化を捉えて、自社にとって有利か不利かを判断しましょう。

有利、不利、どちらであっても恩恵が得られるように、対応、対策を取り続ける必要があります。

[内部環境の変化]

  • 後継者の有無
  • インフラの整備状況
  • 組織風土
  • 従業員の年齢ピラミッド
  • 新卒採用、中途採用の状況
  • 人材育成 など

内部環境の変化を捉えて、自社にとって強みか弱みかを判断しましょう。

強みを伸ばすか、弱みを改善するか。どちらの選択が正解かということではなく、数年後に過去を振り返った際に、選択した施策が正解だったとしていくことが重要です。

4.企業活動の基点は理念であり、理念に則り未来の施策を立案する

理念、ビジョンは、創業者の思い、現経営陣の考え方などを言葉にまとめたものです。これらは会社の基軸として社内外に発信されており、組織人である以上、これらに反する判断、行動を取ることは許されません。

どうしてもこれらに反する判断、行動を取らなければならない場合には、理念、ビジョンを変更してから行動に移る必要があります。

自社の将来ビジョンとは?!

自社の経営理念、将来へのビジョンを覚えていますか?

どういった言葉が使われているか、どのような文章になっているかで、目指す方向性や価値観を知ることができます。自分の会社のことですから、最低限覚えておくように!

5.フレームワークを駆使して、現在の立ち位置を明確に

現状を分析し、課題を抽出し、機能強化策を考えるためのフレームワークは多数ありますが、すべてのフレームワークを使いこなす必要はありません。状況やケースに応じて、最適なフレームワークを採用するようにしましょう。

■ 現状を分析する、課題を抽出する

  • PEST分析
  • 5フォース
  • 7つの経営資源、
  • バリューチェーン分析
  • 3C分析 など

■ 機能強化を考える

  • ポーターの競争戦略
  • コトラーの競争戦略
  • アンゾフの成長マトリクス
  • プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント など

  

           Click here!
           Click here!
Please follow and like us: