岩崎通信機株式会社様にて、新入社員フォローアップ研修を実施しました

2020年4月入社の皆様を対象に、社会人一年目の振り返りと、今後のキャリアビルディングを目的とした新入社員フォローアップ研修を実施しました。年度の始めに実施しているビジネスマナー×会計研修(新入社員研修)と繋がりを持たせたカリキュラムにて、一年間の成長を共有する機会、社会人二年目に入るための準備の機会として、毎年ご依頼をいただいています。

ビジネスマナー×会計研修以来、約一年ぶりに顔を合わせましたが、今年度も退職者は一人もおらず、全員の元気な姿を拝見することができ、とても嬉しく、そして力強く感じました。

■ 新入社員フォローアップ研修 カリキュラム

  1. 入社から現在までを振り返る
  2. 一歩先の知識と見識を身に付ける
  3. ビジネスコミュニケーションの基礎力を高める
  4. 今後の将来設計、キャリアビジョンを描く

新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にあるとはいえ、予断を許さない状況は続いています。一方で、ワクチン接種も始まり、緊急事態宣言も解除される地域が出てくるなど、少しずつ明るい兆しも見え始めてきました。

本研修は、人事部の方々による適切な準備と運営により、対面型研修で実施する運びとなりました。アクリル板の設置、マスクの着用、風通しの確保など、さまざまな感染予防対策、安全対策を講じた上で、無事に開催することができました。

一年前に思い描いた一年後のあるべき姿に、今の自分はなれているか?

約1年前のビジネスマナー×会計研修において、「一年後の私への手紙」というワークに取り組みました。社会人になって一年後、自分はどうなっていたいのか、何を目標にして一年を過ごすのかを言葉にして、あるべき姿の実現を後押しすることを意図した仕掛けです。

一年が経過した現在、果たして今の自分は、一年前に思い描いたあるべき姿になれているか?

本研修は、「1年後の私への手紙」を読み返すことからスタートしました。

■ 「一年後の私への手紙」から得られた気付き

  • 月日はあっという間に流れてしまう
  • やると決めたことはやり遂げなければ、自分に自信はつかない、周りから評価されない
  • 自分で考えて行動し、失敗を糧にして、挑戦し続ける

また、現在の自分を評価、分析するワークにも取り組んでもらいました。一年間の率直な感想、成功体験や失敗体験、自分自身で成長を感じた点などを挙げながら、1年前の自分との違いを認識してもらうことが目的です。

コロナ禍で難しい時期とはいえ、各自が置かれた環境に大きな違いはありません。一年間を前向きに、能動的に過ごすことができたか、受講者全員で事前課題を共有しながら、それぞれの状況を確認することができました。

周囲からの期待と役割を理解して、適切なコミュニケーションと行動が取れるように

組織の一員として円滑に仕事を進めていくには、社内外に関わらず、自分の周りにいる方々と適宜適切なコミュニケーションを取る必要があります。新入社員の立場は上位者に対するコミュニケーションで済みますが、階層が上がり、対外的な繋がりが増えてくると、多方面へのコミュニケーションが発生します。

ビジネスはコミュニケーションで成立する!

本研修が実施された時点においては、未だコロナ禍にあるため、対面による営業活動、交渉や打ち合わせが難しい状況にありました。

しかしながら、今できるコミュニケーションは何があるか、アフターコロナのコミュニケーションのあり方はどうなるのかなど、グループワークやディスカッションを通じて、ビジネスコミュニケーションの基礎力を向上させる時間を設けました。

複数のワークに取り組み、気付きを促したことで、コミュニケーションの重要性を実感できたのではないかと思います。

■ コミュニケーションに関するワーク

  • 正確に伝えること、正確に理解することは難しい!
  • 初頭効果を大切に!
  • きく態度の重要性!
  • コンフリクトはプラスの効果に注目する!
  • 言葉だけで表現する、伝達する!

キャリアビルディングのステップと考え方を習得して、個性を備えたビジネスパーソンを目指す

研修の最後のパートで、社会人2年目に入るための準備として、自分と向き合い、将来を考える時間を設けました。キャリアビルディングの考え方、フレームワークについて説明した後、「キャリアビルディングシート」の作成に入りました。

  • 今後のキャリアをどのように作っていくか?
  • 何を目標にして、毎日を過ごすのか?

ビズハウスが提供するキャリアビルディングシートは、将来のあるべき姿を実現するためにはどのようにステップアップすればいいのか、1年後、3年後、5年後の目標と具体的な行動を記入することができます。

人生を良くすることも悪くすることも、すべて自分の考え方と行動次第です。しかし、ステップアップのスピード、目標や行動の項目数は、人それぞれ異なります。また、キャリアビルディングシートは記入することが目的では無く、記入したことに全力で取り組み、実現することが目的です。

自分にとって最適なキャリア、目指したいキャリアとは何か、納得できる目標、具体的な計画、無理のないスケジュールを考えて記入することをお願いしました。※事後課題として、後日提出に

■ キャリアビルディングの考え方×フレームワーク

  • 人生の方向性を定めるキャリアアンカー
  • 人の魅力を構成する8大要素
  • 勝負する場所を見い出す
  • 組み合わせで勝負する

個性と実績を備えたビジネスパーソンとして評価される人材として、一歩ずつ歩みを進めて欲しいと願っています。

クライアント情報

岩崎通信機 株式会社

  • 設立  1938年8月
  • 本社  東京都杉並区久我山1丁目7番41号
  • 事業  情報通信、印刷システム、電子計測分野における機器の開発、製造、販売及びサービスの提供
  • URL  ホームページを見る
  • 証券コード  6704 / 東証一部上場

「創造と豊かな対話のために」をコンセプトに、情報通信事業、印刷システム事業、電子計測事業を柱とする次代の情報通信ビジネスを牽引するメーカーとして活動しています。IoTのベースとなるゲートウェイ装置の開発、無線センサープラットフォームの構築など、時代に先駆けたテーマや独創的な技術の創造に力を入れています。

直近では不動産分野への展開、WEBサービス会社への資本参加など、新たなサービスの創出にも積極的に取り組まれており、コロナ禍においても着実に実績を積み上げています。

計測、通信、印刷、ケミカル、ソフトウェア、メカニカルなどの各分野のコア技術をベースに、次世代のソリューションを創造する、歴史と先見性を兼ね備えた注目の企業です。

■ REPORT ARCHIVE

  

Please follow and like us: